QuickMarkの使い方&レビュー!いろんなQRコードの作成が超簡単です♪

こんにちは。

今日は簡単にQRコードの作成が出来ちゃうiPhoneアプリ「QuickMark」の使い方と、使ってみた感想をレビューしてみたいと思います。

クイックマーク

この「QuickMark」は、QRコードやバーコードの読み取りはもちろんのこと、QRコードの作成が簡単に出来ちゃいます。
iPhoneのように赤外線通信が出来ない場合の連絡先の交換にとても便利です。

使い方も超簡単。
読み込み速度はめちゃめちゃ早いですし、作成したQRコードはDropboxやメールなどにも連携できる点も素晴らしいです。
一度体感してみてくださいね♪


スポンサードリンク



iPhoneアプリ「QuickMark」の設定&使い方

まずはApp Storeで「QuickMark」と検索して下さい。

IMG_0728


以下のようなiPhoneアプリが出てきたら、「入手」をタップしてインストールします。

IMG_0729


初期画面は以下の様な感じです。
とりあえず、ノートPCのキーボードを写してます(笑)

通常は、この画面でQRコードやバーコードを読み込みます。
このアプリ、読み込み速度が早いのでビックリしますよ♪

読み込み機能は他のアプリと同じなので、ここではQRコードの作成をご紹介したいと思います。
画面下の「作成」をタップします。

IMG_0730


すると、作成できる一覧が表示されます。
試しに、ウェブサイトでやってみましょう。

IMG_0734


例としてこのサイトのトップページのURLをコピペしました。
入力できたら右上の「完了」をタップします。

IMG_0731


すると簡単にこのサイトのQRコードが出来ちゃいます。
右下の連携ボタンをタップして下さい。

IMG_0732


作成したQRコードを写真として保存したり、メールで送ったり、そのままDropboxに保存することも可能です。
とりあえず写真にして保存しておくといいかもしれませんね。

IMG_0733


続いて、自分の連絡先のQRコードを作成してみましょう。
一覧の画面に戻って「連絡先」をタップします。

IMG_07311


アドレス帳から自分(または作成したい人の連絡先)をタップします。

IMG_0735


載せたくない情報には、赤枠のようにスイッチをオフにすることで対応できます。
最後に右上の「完了」をタップします。

IMG_0736


こちらも簡単に作成できましたね。
(このQRコードにはボカシを入れてあります)

IMG_0737


使い方が簡単な事がお分かり頂けましたでしょうか?
写真に保存しなくても、毎回作成しても全然いけますよね。


スポンサードリンク



「QuickMark」のレビュー&使ってみた感想!

では、iPhoneアプリ「QuickMark」をレビューしてみたいと思います。

レビューしてみた率直な感想としては、

「連絡先以外のQRコードも作れるんだ!」

ということです。

世の中にはQRコードやバーコードを読み取るアプリって他にもあるのですが、以下のようにウェブページや連絡先以外の情報をQRコードする機能があるのが助かりますね。

一覧


以前、娘のバレエ教室の案内ポスターを作ったことがあるのですが、その時にホームページのURLをQRコードにしてポスターに貼ったのですが、その時は、こういうアプリがあるって知りませんでした。
ウェブページを調べて作った記憶があります。

今はLINEが主流で、フルフルしたりLINEのQRコードを読み取ったりできますが、電話番号やメールアドレスの交換を行うシーンもまだまだあります。
名刺に貼ったりする時も便利ですよね。

今回はメジャーな「QuickMark」をご紹介しましたが、他にも沢山ありますのでいろいろと調べてみるのもいいかもしれません。

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

おすすめアプリ
>1位:MSQRD(マスカレード)
>2位:クラシルフード
>3位:ゆれくるコール
>4位:MOLDIV(写真コラージュ)
>5位:バッテリーセーバー


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ